中学入試問題

中学入試を始める前に意識しておきたい事について

中学入試は塾に行く子どもが多くいますが、自宅学習あけで済ませる人もいます。
受験は関東地方や東京都では2月になると始まります。
受験までが数カ月になると受験のサポートする志望校の絞り込んでいくことになります。

 

子どもの送り迎えをして、宿題の手助けや体調管理などに気を使い出して忙しくなってくる時期です。
中学入試の勉強をサポートしていて、自宅だけで中学入試ができれば負担が減るのにと考える両親も多くいます。
自宅だけで中学入試の対策をするにしても、教える教科や問題が多数あります。

 

算数の文章や図形、覚える量が多くある理科や社会、国語では漢字などはすぐに教えられても、出題される長文読解などを教えなければならない手間があります。

 

この機会に、子どもに自分で学習する能力を身に付けさせることを実現させるのが中学入試の本当の目的の一つでもあるからです。
もちろん、志望の中学に合格するのが前提の目的ですが、自分で知って、自分で考えて自分で解くことを学べば飛躍的な学力の向上につながります。

 

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』(http://www.e-juken.jp/
こちらのサイトでは中学受験に関する情報がそろっています。
入試を見据えた進学塾の情報から、ためになるメルマガ登録も可能です。

 

両親は学力が向上するサポートができるのが本来の意識であるといえるのです。
中学入試は、高校受験へとつながりが深くあります。
自分で考えて解く能力を身に付けさせることが、今後の受験の際に本当の意味での手助けとなります。

 

書店の問題集を自分で独学ができるように、自らが自発的に取り組めるような工夫をしていくことも大切となります。
自分なりの勉強方法を身につけさせて、成長できるような工夫を子どもに促すことが結果の合格につながります。