中学入試の合同説明会の優位性

中学入試における合同説明会の優位性について

中学入試における合同説明会は、塾や出版社、新聞社などが主催するものや、地域毎に複数の中学校が集まって合同で行ったり、大学の附属校や女子校などが共同で開催しています。
これらの説明会は受験生からすると、参加すれば一度で複数の中学校の内容を知る事が出来ますし、それぞれの学校の特色を比較しやすいメリットがあります。
また参加している中学校があまり多くない説明会であれば、それぞれの学校についての話をじっくり聞く事も出来ます。
合同説明会参加する最も大きなメリットは、複数の学校について一度に話が聞ける点です。
中学入試の為の合同説明会は学校ごとにブースで仕切りされており、その中で個々の中学校の先生が対応してくれるのが一般的です。
限られた時間の中で効率良く説明を聞かなくてはいけませんし、場合によっては得られる情報が偏る事もあるかもしれませんが、合同説明会で聞いた話を基にしてある程度は、中学入試をする候補となる学校を絞り込む事が出来るようになります。
そして合同説明会に参加して候補として残った中学校に各中学で行われている説明会に参加すると良いです。
各学校で実際に行われている説明会では、学校及び入試、授業などに関する説明や、私立中学であればプレテストを行う中学校もあります。
ですから中学入試をする際に合同説明会を利用する事で事前に学校の雰囲気や授業内容を知る事が出来ますし、それを踏まえて自分にあった中学校を選ぶ足がかりになります。