中学入試の地理の問題

中学入試と地理の問題

中学入試の地理の問題でよく出題されているものですが、都道府県の面積の問題や、野菜や果物の都道府県の順位などが出題されています。
中学入試でよく出題される果物についてですが、日本で作られている果物で一番多いものをきちんとわかっておくことが大切になってきます。

 

日本で一番多く作られている果物ですが、ミカンなのです。
そして、二番目に多く作られている果物は、りんごとなっています。
この情報は基本中の基本なので中学入試をする方は必ず把握しておくことが大切になってくるのです。

 

温かい地域で作られているのがミカンで、寒い地域で作られているのがりんごです。
都道府県別の生産量などもきちんとチェックをしておくことが大切になってきます。

 

そのほかに多く出題をされるのは、林業や漁業についての問題です。
日本は、国土面積の約3分の2が森林なのですが、木材の約8割は輸入に頼っていることを理解しておかなければいけないのです。

 

そのような状況でも林業が盛んな県があるのです。
面積が一番広いのは北海道なので、北海道だとおもいがちですが違います。

 

一番林業が盛んなのは長野県ということを理解しておくことが大切です。
さらに、業業ですが、日本は世界でも有数の漁業国です。
漁港数の一位は長崎で、漁業に就業している人が多いのは北海道です。
このような情報をきちんと知っておかなければ、中学入試の地理でいい点数を獲得することができません。
きちんと勉強することが大切です。